渋谷キャスト

◎2018年7月17日火
 
 昨年オープンした大型複合施設、東急グループが進める渋谷駅前再開発プロジェクトの一つ。グランドフロアから美竹公園に向かって大階段と貫通道路、上階を支える角柱にはディスプレイが嵌め込まれ、各々協調して原色系の鮮やかな映像を映し出す。商業施設の低層階に貫通道路、ゆとりのある多目的スペース、オフィスフロアの上層階といった構成は、最近竣工した高層ビルでは京橋エドグランに類似。最寄りの鉄道駅と地下通路で直結していないというアクセス性の微妙な不便さという点も類似。JR渋谷駅から徒歩10分圏内とは言え、今の時期は炎天下を我慢して歩いてアクセスしなければならない。渋谷キャストのオフィスフロアは、主としてクリエイター(クリエイティブ産業)向けの用途を企図。イノベーションの創出とは、要するに一攫千金を目論む野心家を惹きつける「鉱脈」を提供できるか、あるいはそれが身近な場所に転がっているかどうかということ、枠にはまったハイセンスなオフィス空間を賃貸することは二の次の問題。ベンチャー成功の確率は、地方より首都圏、首都圏の中でも人材が集積する都心の方が高いことは紛れもない事実だとしても。