上野東照宮

◎2018年5月18日金
 
 日光東照宮の簡略版、地震、火災、戦災といった災厄の被害を受けることもなく、江戸時代前期の姿を今に伝える。強運のパワースポットとでも言うべきか。神社建築の規模以外での日光東照宮との相違点は、東照大権現に加えて八代将軍及び十五代将軍を祀っていること、規模は小さくても三人分。八代将軍は享保の改革と御三卿の分立を核とした幕藩体制の延命策に取り組み、一応の成功を収める、所謂中興の祖。十五代将軍の場合、朝敵指名後の恭順策が功を奏して、明治憲法の公布から現在に至るまで、制度上はともかく事実上、徳川家は帝国筆頭の重臣として「特別の地位」を確立することとなる、本人の意向の反映であるかどうかは別として。