京都国立近代美術館 明治150年展

◎2018年3月23日金
 
 京都国立近代美術館にて、政府の「明治維新150周年記念事業」に歩調を合わせ開催中の標記展覧会を見学。明治時代の美術工芸作品を展示、併せて明治時代の西洋絵画を関連展示。展示物の半数近くは所蔵品のコレクション展示に過ぎず、また、テーマ自体への関心が低いためなのか来館者は少なめ。伝統画壇の衰退から近代日本画の確立に至るまで、明治期の芸術運動の変遷についての素人にも分かりやすい解説が加わることで、さらには配置に工夫を加えることで、展覧会のインパクトは大分違っていたかもしれない。