富裕層が住む地域(3) 神奈川県 横浜市金沢区

◎2016年7月23日土曜日
 
 総務省統計局「平成22年国勢調査」及び各自治体「平成27年度固定資産税路線価等」のデータに基づいて、横浜市金沢区における富裕層が住む地域を町丁目単位で推定する。

 横浜市金沢において富裕層が多く住む地域は、長浜、西柴、釜利谷西、能見台などとなっている。


 長浜(神奈川県立循環器呼吸器病センター・横浜南税務署・長浜公園の付近、京急能見台駅の東南側、横浜新都市交通幸浦駅の西側)では1丁目のエリア。

 西柴(神奈川県立金沢文庫・西友能見台店・真言律宗称名寺・横浜市立西柴小学校の付近、横浜横須賀道路堀口能見台ICの付近、京急能見台駅の東南側)では、2丁目、3丁目及び4丁目のエリア。3丁目及び4丁目は、超富裕層クラスの資産家が住むエリアであると推測される。

 釜利谷西(関東学院大学金沢文庫キャンパス・横浜市立金沢動物園・横浜市立釜利谷西小学校・そうてつローゼン釜利谷店の付近、横浜横須賀道路朝比奈ICの付近、京急金沢文庫駅の西側)では2丁目、3丁目、4丁目、5丁目及び6丁目のエリア。5丁目及び6丁目は、超富裕層クラスの資産家が住むエリアであると推測される。

 能見台(京急ショッピングプラザ能見台・イトーヨーカドー能見台店・神奈川県立釜利谷高等学校・横浜市立能見台小学校の付近、横浜横須賀道路堀口能見台ICの付近、京急能見台駅の西南側)では、1丁目、2丁目、3丁目、5丁目及び6丁目のエリアであって、超富裕層クラスの資産家が住むエリアであると推測される。

 その他、六浦南3丁目、釜利谷南3丁目、釜利谷南4丁目、東朝比奈1丁目、東朝比奈2丁目、富岡西4丁目、富岡西5丁目、富岡西6丁目など、各地域の一部において富裕層が多く住むエリア(高級住宅街を含む)の所在が確認されるものの、地域全体ではその存在感は希薄であると考えられる。



 上記の表における各指標の考え方については、こちらを参照。
 総務省統計局「住宅・土地統計調査」に基づく神奈川県内各自治体の世帯平均年収の試算については、こちらを参照。
 総務省「市町村税課税状況等の調」に基づく神奈川県内各自治体の世帯平均年収の試算については、こちらを参照。